『中國文學報』既刊総目

『中國文學報』既刊総目

敬称は省略しております。字体が多少異なることがあります。誤記・脱落などございましたら中國文學報事務局までご連絡ください。

~第86冊

第80冊~第61冊

第60冊~第41冊

第40冊~第21冊

第20冊~第1冊

~第86冊

第86冊(2015年10月)
唐代の鮑謝 幸福 香織 1
臨安の陸游―都城の孤独―― 西岡 淳 39
小川環樹先生の漢詩 深澤 一幸 57
金樓子譯注(六) 興膳 宏 89
紹介 デジタルアーカイブで漢籍を読む 木下 雅弘 105

 

第85冊(2014年10月)
六朝隋唐の音韻学・韻律論における「紐」 蕭 振豪 1
雨中の花――陳與義の詠雨詩と杜甫(二)―― 緑川 英樹 28
海を越えた唱和――龍楡生氏と吉川幸次郎・小川環樹両先生―― 深澤 一幸 55
金樓子譯注(五) 興膳 宏 101
書評 中國詩文研究会 松原朗編『生誕千三百年記念 杜甫研究論集』 遠藤 星希 140

 

第84冊(2013年10月)
耆夜の詩人某のこと 淺原 達郎 1
呉郡から洛陽へ――西晋統一王朝における陸機・陸雲―― 戴 燕     鈴木 詩織 譯 10
漢郊祀歌十九章譯注 横山 きのみ   西川 ゆみ    谷口 洋 35
書評 林英徳著『《文選》與唐人詩歌創作』 富永 一登 129

 

第83冊 杜甫誕生一千三百年特刊(2012年10月)
杜甫と七言律詩――ことに拗體詩について―― 興膳 宏 1
制御された逸脱――杜甫七言拗律論―― 平田 昌司 18
杜甫の「貧しさ」をめぐって 川合 康三 35
杜甫應酬詩小議 蒋 寅
早川 太基 譯
54
杜甫の秦州詩 小南 一郎 75
杜甫「詠懷古跡五首」之三――「王昭君」像の形成と白居易の繼承―― 西村 富美子 96
記憶の再現――杜甫「江漢」を讀む―― ウィリアム・H・ニイハウザー・Jr.
浅田 雅子・平田 昌司 譯
111
杜甫の仲人失敗について 深澤 一幸 128
山人としての杜甫 金 文京 141
杜甫の中の陶淵明 釜谷 武志 160
雨の情景――陳與義の詠雨詩と杜甫―― 緑川 英樹 175
春と無頼 中原 健二 200
「杜甫遊春」の系譜――民間における杜甫像の形成―― 小松 謙 215
朝鮮時代私家杜注考 張 伯偉
山本 浩史 譯
234

 

第82冊(2012年4月)
邵雍「歡喜吟」をめぐって 森 博行 1
『夢林玄解』の成立―雲なす證言― 大平 桂一 36
『董西廂』から『西廂記』への繼承―曲辭と構成の側面から― 土屋 育子 57
金樓子譯注(四) 興膳 宏 112
書評 岡田充博著『唐代小説「板橋三娘子」考―西と東の變驢變馬譚のなかで―』 赤井 益久 152
書評 張伯偉著『作為方法的漢文化圈』 堀川 貴司 167

 

第81冊(2011年10月)
唐代園林連作詩考―王維「輞川集」を源として 二宮 美那子 1
琉球本『人中畫』の成立―併せてそれが留める原刊本の姿について― 木津 祐子 36
清朝宮廷大戲『鼎峙春秋』について―清朝宮廷における三國志劇― 小松 謙 58
金樓子譯注(三) 興膳 宏 130
紹介 韓國の中國學研究の現状紹介 金 文京 171

第80冊~第61冊

 

第80冊(2011年4月)
敍述形式からみた太公書『六稲』の成立について 鈴木 達明 1
朱敦儒の詞にあらわれた邵雍 森 博行 25
「社會的」な個の誕生―胡適の自傳および傳記について― 福嶋 亮大 48
金樓子譯注(二) 興膳 宏 73
書評 張天弓著『張天弓先唐書學考辨文集』 成田 健太郎 113
書評 芳村弘道編『十抄詩・夾注名賢十抄詩』 金 程宇 127
書評 洪本健校箋『歐陽脩詩文集校箋』 東英壽 142

 

 

第79冊(2010年4月)
風に運ばれる音―李白の詩にみえる音樂のイメージ― 中 純子 1
梁山泊物語の成立について―『水滸傳』成立前史― 小松 謙 25
二つの『指南録』自序 稲垣 裕史 50
金樓子譯注(一) 興膳 宏 73
書評 李浩著『唐代三大地域文學士族研究(増訂本)』 齋藤 茂 113
紹介 覺え書―青木正児博士の畫― 都留 春雄 180

 

第78冊(2009年10月)
『史記』にみえる秦末漢初の歌と傳說-荊軻・項羽・劉邦・呂后をめぐる歌物語- 谷口 洋 1
前には奢香有りて後には良玉
-明代西南女土司の女性民族英雄、構築されるそのイメージ-
胡 曉眞
木下雅弘譯
54
翻譯と出版からみた中國における外國戲曲の受容 夏 嵐 91
郭沫若におけるキリスト教の受容
-小説『落葉』からみえるもの-
中 裕史 118
中國小説史略考證 第二十九 序跋及補訂 中島 長文 136
書評 横山伊勢雄著『宋代文人の詩と詩論』 淺見 洋二 181

 

第77冊(2009年4月)
〈筆勢〉の生れるところ-魏晉より唐初に至る書論を中心に- 成田健太郎 1
王維詩に見られる空間意識 張 紅
二宮美那子譯
31
詩に語られた「現代史」
-兪徳鄰「京口遣懷 張彦明 劉伯宣郎中并びに諸友に呈す一百韻」に見る歴史敍述-
稻垣裕史 54
中國小説史略考證 第二十八 中島長文 79
書評 安藤信廣著『庾信と六朝文學』 原田直枝 127

 

 

第76冊(2008年10月)
楚地出土簡帛資料に現れる定型押韻句について 鈴木達明 1
嵇康の「聲無哀樂論」について 宍戸友紀 28
人境の自然-陶淵明における自然の新意- 蔡 瑜
成田健太郎譯
62
元稹の異文化認識-白居易との應酬を中心に- 好川聡 106
中國小説史略考證 第二十七 中島長文 147
書評 周勛初著・高津孝譯『中國古典文學批評史』 興膳宏 180

 

第75册(2008年4月)
漢代樂府と五言詩、七言詩の登場 楊 合林
青山 剛一郎譯
1
陶淵明「讀山海經」詩の西王母像 興膳 宏 31
杜牧の詠物詩 伊崎 孝幸 57
『飛燕外傳』成書年代・作者考 三枝 茂人 88
清代通俗文藝におけるジャンルの影響力–敵役竇爾墩の事例から 稻澤 夕子 134
中國小説史略考證 第二十六 中嶋 長文 163
書評 中島隆博『殘響の中國哲學–言語と政治』 鈴木 達明 195
書評 芳村弘道著『唐代の詩人と文獻研究』 植木 久行 210
紹介 近年の中國古典文學研究に關する一見解 張 伯偉
稻垣 裕史譯
237

 

 

第74册(2007年10月)
詩經から漢魏六朝の敍事詩における頂眞格
―形式及び語りの機能の發展を中心に
林 宗正
二宮 美那子譯
1
『三國志演義』の成立と展開について–嘉靖本と葉逢春本を手がかりに 小松 謙 29
中國小説史略考證 第二十五 中嶋 長文 66
高麗朝における蘇東坡受容の樣相
―使臣往來と蘇東坡詩文集の傳來を中心に
鄭墡謨 99
書評 村上哲見著『宋詞研究 南宋篇』 内山 精也 139

 

 

第73册(2007年4月)
「形」についての小考 宇佐美 文理 1
白居易「池上篇并序」論–あわせて自適の空間を定義する幾つかの表現について 二宮 美那子 14
晩唐の詠物詩 伊崎 孝幸 39
元代江南における詞樂の傳承 中原 健二 74
書評 石觀海著『宮體詩派研究』 胡大雷著『宮體詩研究』 歸青著『南朝宮體詩研究』 原田 直枝 110

 

第72册(2006年10月)
「石室」の詩をめぐって–謝靈運・鮑照山水詩の比較 堂薗 淑子 1
涼州詞と涼州曲–唐代邊塞音樂管見 中 純子 25
張懷瓘『書斷』の書體論 成田 健太郎 54
蠻夷の光景―中唐の異文化受容史 好川 聰 87
書評  Tze-lan D.Sang. The Emerging lesbian: female same-sex desire in modern China 濱田 麻矢 117
紹介 國際辭賦學學術研討會について―あわせて辭賦研究の動向にふれて 谷口 洋 127

 

 

第71册(2006年4月)
「江南は瘴癘の地」そして故郷は―隋の孫萬壽の詩を手がかりとして 原田 直枝 1
邵雍の詩にあらわれた養生術
―「二十五日、韻に依り左藏呉傳正寺丞に贈らるるに和す」詩を中心に
森 博行 25
黄遵憲と日本漢詩 蔡 毅 50
文學史の視野のなかの「大學についての『語り』」 陳 平原
鈴木 達明譯
78
書評 高木重俊著『初唐文學論』 道坂 昭廣 105

 

第70册(2005年10月)
「悲劇の星雲」との格鬪―文學としての『史記』研究序説― 谷口 洋 1
東方朔から孫悟空へ 氏岡 眞士 34
義堂周信の杜甫受容について 尚 永亮
愛甲 弘志譯
84
書評 加藤國安著『越境する庾信―その軌跡と詩的表現』 稻垣 裕史 106
紹介 本邦漢籍目録圖録及び解題編書目 附本邦漢籍目録書目補遺並びに追加 山口 謠司 126

 

第69册(2005年4月)
六朝の謝啓について 道坂昭廣 1
晩唐の詠史詩 伊崎孝幸 46
或る女性の影―周作人の文學的出發― 森雅子 79
「不朽」の修辭學―胡適・コスモポリタニズム・白話詩― 福嶋亮大 119
高麗朝における杜詩受容―李奎報を中心として― 鄭墡謨 154
書評 赤井益久著『中唐詩壇の研究』 愛甲 弘志 179
書評 衣若芬著『觀看・敍述・審美―唐宋題畫文學論集』 淺見 洋二 201
紹介 中國における唐代文學研究のいくつかの状況について 董乃斌
愛甲 弘志譯
215

 

 

第68册(2004年10月)
蒼梧考 大野圭介 1
『隋書』文學傳の人びと―隋代の南朝由來の文人たちをめぐって― 原田直枝 35
山水畫のテキスト化―『永州八記』を例とした一分析― 梁敏兒
津守陽譯
57
弘治本西廂記について 土屋育子 97
書評 宮崎法子著『花鳥・山水畫を讀み解く―中國繪畫の意味―』 西村富美子 121
紹介 本邦漢籍目録書目 山口謠司 134

 

 

第67册(2004年4月)
李德裕と平泉莊 二宮美那子 1
人生識字憂患始―中國讀書人の憂愁― 川合康三 40
汪元量の「湖州歌」九十八首について 稻垣裕史 58
書評 松原 朗著『中國離別詩の成立』 川合康三 100
書評 竹村 則行著『楊貴妃文學史研究』 駱玉明 108

 

 

第66冊(2003年4月)
語り得ぬものへのことば-荘子における言語問題と言説への意識について- 鈴木 達明 1
田園と時間-陶淵明「歸去來兮辭」論- 渡邉 登紀 31
文學言語としての「看」と六朝詩歌-意味の變遷と唐詩への流れ- 堂薗 淑子 58
『聖諭』宣講-教化のためのことば 木津 祐子 85
書評 大木康著『馮夢龍『山歌』の研究-中國明代の通俗歌謠』 伊藤 德子 109

 

 

第65冊(2002年10月)
唐宋古文における「氣」の説と「雄健」の風 副島 一郎 1
文字之樂 -梅堯臣晩年の唱和活動と「樂」の共同體- 緑川 英樹 32
『水滸傳』成立考  -語彙とテクニカル・タームからのアプローチ- 高野 陽子
小松 謙
92
書評 筧文生著『唐宋文學論考』 孫 昌武
緑川英樹譯
148

 

 

第64冊(2002年4月)
詩人と傳記作家 -盧藏用が抱いた文學觀と陳子昻の形象化- 永田 知之 1
元結の敍景と敍情 好川 聰 34
『水滸傳』成立考-内容面からのアプローチ 小松 謙 66
書評 佐竹保子『西晉文學論-玄學の影と形似の曙-』 青山 剛一郎 95
書評 賈晉華『唐代集會總集與詩人群研究』 齋藤 茂 105

 

 

第63冊(2001年10月)
評點遡源 張 伯偉
齋藤 希史譯
1
擬古詩の變遷について -陸機から李白まで- 辛 夏寧 68
成熟と老いの詩學認識 -杜甫から歐・梅まで- 緑川 英樹 101
書評 田仲一成『明清の戲曲』 高橋 文治 149

 

 

第62冊(2001年4月)
「三閭大夫」考 -あわせて楚國公族の興衰について- 李 零
平田 昌司譯
1
峴山の涙 -羊祜「堕涙碑」の繼承 川合 康三 29
音の傳承 -唐代における樂譜と樂人- 中 純子 50
朱子語類論文篇譯注(八) 興膳 宏
木津祐子
齋藤希史
75
書評 松本肇著『唐宋文學』 五 皓
川合 康三
西上 勝
淺見 洋二
乾 源俊
和田 英信
97

 

 

第61冊(2000年10月)
「歸去來兮辭」の「辭」について 釜谷 武志 1
謝靈運の山居 -〈居〉の文學(二) 齋藤 希史 19
韓愈・孟郊「城南聯句」初探 川合 康三 48
我與漢語方言 李 如龍 81
朱子語類論文篇譯注(七) 興膳 宏
木津 祐子
齋藤 希史
92
紹介 アメリカにおける中國古典詩の研究
-一九六二年から一九九六年まで-第二部(下)
ウィリアム・H・ニイハウザーJr
川合 康三譯
111

トップに戻る

第60冊~第41冊

 

第60冊(2000年4月)
詩的言語としての知覺動詞  -陶淵明と謝靈運の詩から- 堂薗 淑子 1
中國話劇史上の翻譯劇とその上演     -戦時中及びその後の場合- 夏 嵐 37
朱子語類論文篇譯注(六) 興膳 宏
木津 祐子
齋藤 希史
65
書評 岡村繁『文選研究』 富永 一登 82
紹介 八十年來中國寒山詩的整理和研究 羅 時進 116
アメリカにおける中國古典詩の研究
-一九六二年から一九九六年まで-第二部(中)
ウィリアム・H・ニイハウザーJr
川合 康三譯
142

 

第59冊(1999年10月)
「郭璞」説話の形成 大平 幸代 1
贈内詩の流れと元槇 姜 若冰 34
蘇軾の詩における佛典受容について
-『維摩經』『楞嚴經』を中心に-
湯淺 陽子 63
鄭鎭孫と『直説通略』(下) 宮 紀子 99
『殺夫』論 津守 陽 133
朱子語類論文篇譯注(五) 興膳 宏
木津 祐子
齋藤 希史
162
書評 桐島薫子『晩唐詩人考- 李商隱・温庭筠・杜牧の比較と考察-』 愛甲 弘志 176
紹介 アメリカにおける中國古典詩の研究
―一九六二年から一九九六年まで-第二部(上)
ウィリアム・H・ニイハウザーJr
川合 康三譯
185

 

第58冊(1999年4月)
疾踪する逸民 -郭璞「江賦」の敍法 佐竹 保子 1
元雜劇の祭祀的演目について 小松 謙 27
鄭鎭孫と『直説通略』(上) 宮 紀子 46
目の文學革命・耳の文學革命
-一九二十年代中國における聽覺メディアと「國語」の實驗-
平田昌司 75
朱子語類論文篇譯注(四) 興膳 宏
木津祐子
齋藤希史
115
書評 謝思煒『白居易集綜論』 下定 雅弘 141
紹介 近十年のフランスにおける中國文學研究の發展(下) フランソワ・マルタン
興膳 宏譯
166

 

 

第57冊(1998年10月)
妖道與妖術-小説、歴史與現實中的道敎批判- 葛 兆光 1
蟬の詩に見る詩の轉變 川合 康三 27
陸雲與兄平原書箋注(二則) 戴 燕 56
何遜詩の風景 -謝脁詩との比較- 堂薗 淑子 65
朱子語類論文篇譯注(三) 興膳 宏
木津 祐子
齋藤 希史
119
紹介 近十年のフランスにおける中國文學研究の發展(上) フランソワ・マルタン
興膳 宏譯
121

 

 

第56冊(1998年4月)
『史記』における二人稱代名詞の特徴について 今鷹 眞 1
『孝經直解』の出版とその時代 宮 紀子 20
『五代史平話』のゆくえ    -講史の運命- 氏岡 眞士 58
廚川白村與中國現代文學裏的神秘主義 梁 敏兒 86
朱子語類論文篇譯(二) 興膳 宏
木津 祐子
齋藤 希史
119
書評:中里見 敬『中國小説の物語論的研究』 金 文京 147
紹介  アメリカにおける中國古典詩の研究
-一九六二年から一九九六年まで-第一部(下)
ウィリアム・H・ニイハウザーJr
川合 康三譯
158

 

 

第55冊(1997年10月)
唐代詩論の展開における皎然詩式 興膳 宏 1
歸有光の文學 -所謂「唐宋派」の再檢討- 田口 一郎 21
淸詩話佚書考 蒋寅 61
羅振玉・王國維と明治日本學界との出會い
-『農學報』・東文學社時代をめぐって
錢鷗 84
朱子語類論文篇譯注(一) 興膳 宏
木津 祐子
齋藤 希史
127
紹介 アメリカにおける中國古典詩の研究
-一九六二年から一九九六年まで-第一部(上)
ウィリアム・H・ニイハウザーJr
川合 康三譯
152

 

 

第54冊(1997年4月)
初唐の「序」について 道坂 昭廣 1
蘇軾の歸田と買田 湯淺 陽子 36
論廢名小説《橋》的詩化特徴 呉 曉東 70
「洋場」の「洋人」 -張愛玲小説の外國人- 濱田 麻矢 83
朱子語類讀書法篇譯注(七) 興膳 宏
木津 祐子
齋藤 希史
109
書評:川合康三著『中國の自傳文學』 吉川 忠夫 126

 

 

第53冊(1996年10月)
うたげのうた 川合 康三 1
陸機と「楚」 -聲律意識の形成について- 木津 祐子 32
庾信の碑傳文 原田 直枝 52
廚川白村與中國現代作家 梁 敏兒 90
朱子語類讀書法篇譯注(六) 興膳 宏
木津 祐子
齋藤 希史
109
書評 田中一成『中國巫系演劇研究』 金 文京 144

 

 

第52冊(1996年4月)
靑銅鼎與錯金壺 -道敎語言在中晩唐詩歌中的使用- 葛 兆光 1
陸雲的“用思困人”及其他 戴 燕 23
『文心雕龍』事類篇箚記 幸福 香織 37
蘇軾の觀物 湯淺 陽子 47
『殘唐五代演義』への道    -小説と講史- 氏岡 眞士 77
朱子語類讀書法篇譯注(五) 興膳 宏
木津 祐子
齋藤 希史
104
書評 夏傳才『詩經研究史?要』 大野 圭介 126
書評 田本相主編『中國現代比較戲劇史』 夏 嵐 134

 

 

第51冊(1995年10月)
劉歆 「上山海經表」をめぐって 大野圭介 1
關於〈吟窗雜録〉及其版本問題(附校記) 張 少康 28
李夢陽詩論 松村 昂 69
話劇史における飜譯劇とその上演    -一九三〇年までの場合- 夏 嵐 116
朱子語類讀書法篇譯注(四) 興膳 宏
木津 祐子
齋藤 希史
148
書評 程章燦『魏晉南北朝賦史』 原田 直枝 172

 

 

第50册 記念號(1995年4月)
語から説へ -中國における「小説」の起源をめぐって- 小南 一郞 1
文學と消憂 -魏晉時代まで- 釜谷 武志 10
「孔雀東南飛」の背景 松家 裕子 21
美としての樂へ -「文賦」における音- 木津 祐子 32
唐代小説史における根本説一切有部律 平田 昌司 44
終南山の變容 -盛唐から中唐へ- 川合康三 55
皎然詩式の構造と理論 興膳 宏 68
「王昭君變文」考 金 文京 81
張協状元戲文について 赤松 紀彦 97
屈大均の詞 淸水 茂 108
黄遵憲と宮島誠一郞 -日・淸政府の官僚文人交遊の一軌跡- 筧 久美子 118
雜誌『紅黑』 吉田 富夫 130
何其芳の永恆  -「花環」と「扇」を中心に- 中 裕史 139
漱石詩六則 一海 知義 148
朱子語類讀書法篇譯注(三) 興膳 宏
木津 祐子
齋藤 希史
158

 

 

第49册 (1994年10月)
もう一つの文筆説 -「筆」をめぐる試論- 幸福 香織 1
後漢における「設論」の變質と解體 谷口 洋 28
「哀江南賦」論 -鋪陳に於ける時間 - 原田 直枝 58
京都時代の王國維と鈴木虎雄(附:鈴木虎雄宛の王國維未發表書簡) 錢 鷗 90
朱子語類讀書法篇譯注(二) 興膳 宏
木津 祐子
齋藤 希史
119
書評 M・A・フラー著『東坡への道-蘇軾の詩境の發展』 湯淺 陽子 153
書評 丸尾常喜『魯迅「人」「鬼」の葛藤』 山田 敬三 165

 

 

第48册 (1994年4月)
杜詩における「陶謝」 -「眞」字を手がかりに- 森 博行 1
白居易の制誥の新體と舊體について 周 雲喬 35
蘇軾の吏隠 -密州知事時代を中心に- 湯淺 陽子 63
「林譯小説」前的飜譯小説 李 慶國 94
朱子語類讀書法篇譯注(一) 興膳 宏
木津 祐子
齋藤 希史
109
書評 太田次男著『中唐文人考-韓愈・柳宋元・白居易』 筧 文生 139
紹介 中國における書論研究の現状と課題 大野 修作 148

 

 

第47册 (1993年10月)
劉楨贈答詩論 龜山 朗 1
詩品から詩話へ 興膳 宏 31
詩人と妻 -中唐士大夫意識の一斷面 中原 健二 64
宋人の見た柳宋元 副島 一郎 103
書評 蒋寅著『大暦詩風』 赤井 益久 146
紹介 京都における羅振玉と王國維の寓居 錢 鷗 156

 

第46册 (1993年4月)
殷周開國の神話と「神代史」 大野 圭介 1
陸機賦論探微 曹 虹 38
論鍾嶸《詩品》的思想基礎 張 伯偉 50
蘇軾の自然描寫 -杭州通判期の詩をめぐって- 湯淺 陽子 68
新時期文學における愛の諸相 三枝 裕美 99
書評 V・H・メイヤー著『唐代變文-中國俗文學形成への佛敎の貢獻』 小南 一郎 134
紹介 中國四川國際文化研討會 -中國における『三國演義』の研究動向- 上野 隆三 144

 

 

第45册 (1992年10月)
落英(下) -早年讀書生活的回憶- 魯 國堯 1
中國古代的詩論和畫論 張 少康 23
揚雄の「解嘲」をめぐって -「設論」の文學ジャンルとしての成熟と變質 谷口 洋 32
填詞への目覺め -白居易杭州刺史時期の文學的意味 中 純子 76
書評 瞿蛻園『劉禹錫集箋證』三分冊 齋藤 茂 106
書評 アンドレ・レヴィ著『中國古典文學』 興膳 宏 115
紹介 中國における一九八〇年以降の鍾嶸《詩品》研究概觀(二) 淸水 凱夫 123


 

第44册 (1992年4月)
落英(上) -早年讀書生活的回想- 魯 國堯 1
潘岳「西征賦」攷 原田 直枝 22
月明の中の李白 興膳 宏 60
詩は世界を創るか -中唐における詩と造物 川合 康三 92
書評 D・R・コネクタス譯『文選』第一卷・第二卷 齋藤 希史
谷口 洋
原田 直枝
120
紹介 中國における一九八〇年以降の鍾嶸《詩品》研究概觀(一) 淸水 凱夫 137

 

第43册 (1991年4月)
「客難」をめぐって 谷口 洋 1
同時代人の見た楊貴妃 -李白・杜甫の詩歌における比擬表現を中心にして 戸崎 哲彦 52
躍動する精神(續) -王國維の史學について 井波 陵一 86
書評 入谷仙介注『賴山陽・梁川星巖』
黑川洋一注『菅茶山・六如』
揖斐高注『市川寛齋・大窪詩佛』
淸水 茂 126
書評 王運熙・楊明著『魏晉南北朝文學批評史』 釜谷 武志 133
紹介 丁玲の故郷を訪ねて -湖南省臨灃、常德、桃源、長沙 三枝 裕美 142

 

 

第42册 (1990年10月)
抒情的五言詩の成立について 松家 裕子 1
建安年間後期の曹植の<贈答詩>について 龜山 朗 30
<居>の文學 -六朝山水/隱逸文學への一視座 齋藤 希史 61
楊誠齋の詩 西岡 淳 93
躍動する精神 -王國維の文學理論について 井波 陵一 120
書評 田仲一成『中國祭祀演劇研究』『中國の宗族と演劇』『中國郷村祭祀研究 地方劇の環境』 小松 謙
金 文京
150


 

第41册 (1990年4月)
枯れ木にさく詩 -詩的イメージの一系譜- 興膳 宏 1
徘徊と逍遙 -阮籍「詠懷詩」の一考察- 森田 浩一 40
韓愈と白居易 -對立と融和 川合 康三 66
李劼人の成都描寫 中 裕史 101
書評 朱金城『白居易集箋校』 太田 次男 129
書評 井上泰山・大木康・金文京・氷上正・古屋昭弘共著『花關關索傳の研究』 上野 隆三 147


トップに戻る

第40冊~第21冊

 

第40冊(1989年10月)
淸水 茂敎授著作目録
いくつかの敦煌文獻にもとづく後期道敎の諸相 ミシェル・スワミエ
興膳 宏 譯
1
漢魏六朝における「銘」 釜谷武志 16
『劍南詩稿』に於ける詩人像 -「狂」の詩人陸放翁 西岡 淳 47
呉梅村硏究(後篇) 小松 謙 76
茅盾の性慾描寫論と『蝕』『野薔薇』における性愛 三枝 茂人 126
書評 V・H・メイヤー著
『四人の詠懷詩人-阮籍・陳子昂・張九齢・李白による連作詩集の索引-』
道坂 昭廣 156
紹介 湖北省三國關係遺跡 上野 隆三 167

 

第39冊(1988年10月)
鳳凰とフェニックス ジャン-ピエール・ディエニィ 1
「陌上桑」をめぐって 松家 裕子 18
潘岳「悼亡詩」論 齋藤 希史 47
王維與錢起 馬 曉地 75
呉梅村硏究(前篇) 小松 謙 97
書評 アン・バーレル譯『玉臺新詠』 畑山 桂子 151
書評 『葛雲文璇奎博士華甲紀年論文集』 沈 慶昊 160

 

第38册 (1987年10月)
柳宋元と中唐の佛敎 戸崎 哲彦 1
元雜劇の開場について 小松 謙 54
『三國演技における趙雲像』 上野 隆三 86
論王漁洋《秋柳》詩之朦朧美 馬 曉地 115
袁枚「性靈説」乃其與其他詩派的關係 李 鋭淸 126
書評 ロナルド・C・ミャオ『中國中世前期の詩歌――王粲(一七七-二一七)の生涯と詩歌』 蒲 豐彦 146
書評 J・T・ウィクステッド譯注 元好問『論詩絕句』 高橋 文治 154

 

第37冊(1986年10月)
中國古代文學理論的民族特點 張 少康 1
小説戲曲在明代文學史上的地位 王 利器 19
隋の煬帝について――その詩に關する一考察―― 道坂 昭廣 24
李氏朝鮮における杜甫詩集の刋行について 沈 慶昊 51
『聊齋志異』の會話表現について 岡本 不二明 94
書評 福建師範大學中文系古典文学敎研室選注『淸詩選』 松村 昻 123
紹介 中國社會科學院文學研究所 薛 智 146
紹介 山西中南部の戲曲文物とその硏究 赤松 紀彦 155

 

第36冊(1985年10月)
中國古代詩歌的比興和想像 周 祖謨 1
五言詩起源於婦女文學考 呉 世昌 7
陳子昻「感遇」詩三十八首の世界 森 博行 15
柳宋元の明道文學-陸淳の春秋學との關係 戸崎 哲彦 47
瞿秋白と初期左聯 淺野 純一 81
書評 張錫厚校輯『王梵志詩校輯』 松尾 良樹 110
書評 蕭鳳『蕭紅傳』 岡田 英樹 121

 

第35册 (1983年10月)
「論衡」に於ける意・數・體 小池 一郎 1
釋「放蕩」-兼論六朝文風 鄧 仕樑 37
西遊記の成立 中鉢 雅量 54
書評 小西昇『小西昇中國文學論集 漢代樂府謝靈運詩論集』 矢淵 孝良 91
書評 孫昌武『柳宋元傳論』 戸崎 哲彦 101
書評 李厚基・韓海明『人鬼狐妖的藝術世界-《聊齋志異》散論(附選注百篇)』 岡本 不二明 112

 

第34冊(1982年10月)
金末の士風と元曲 高橋 文治 1
汗衫記劇について ――元刋本・明抄本と明刋本―― 赤松 紀彦 36
『賺蒯通』雜劇の構造について 小松 謙 69
書評 武部利男譯『白樂天詩集』 西村 富美子 102
書評 張國光『《水滸》與金聖嘆硏究』 中鉢 雅量 116
紹介 紅學界の現狀簡介 井波 陵一 123

 

第33冊(1981年10月)
李賀と比喩 川合 康三 1
朱熹「楚辭集注」攷 小南 一郞 32
王世貞悔作巵言說辨 顔 婉雲 83
端木蕻良の文學に於けるトルストイの影響 村田 裕子 91
書評 松浦友久『詩語の諸相-唐詩ノート-』 山本 敏雄 124
書評 王康『聞一多傳』 楠原 俊代 132

 

第32册 (1980年10月)
中國古代文學之比較研究 饒 宗頣 1
[附論]サンスクリットの四つの流母音R、-R、L、-Lとその中國文學への影響 饒 宗頣
金 文京 譯
37
元稹の夢についての考察 高橋 美千子 47
小說「李娃傳」の劇化-「曲江池」と「繍襦記」- 金 文京 74
隋書經籍志序譯註(七) 興膳 宏
川合 康三
116
書評 林田愼之助『中國中世文學批評史』 釜谷 武志 135
書評 中國社會科學院文學研究所『唐詩選』 淸水 茂 148

 

第31冊(1980年4月)
漢魏詩における寓意的自然描寫――曹植「吁嗟篇」を中心に―― 龜山 朗 1
六朝模擬詩小考 衣川 賢次 29
文學批評家としての錢謙益 吉川 幸次郎 64
隋書經籍志序譯註(六) 興膳 宏
川合 康三
90

 

第30冊(1979年4月)
謝脁詩論 井波 律子 1
晩唐詩の「夢」――李商隱と杜牧の一側面―― 松岡 秀明 45
《紅樓夢》-その内なる軋み 小濱 陵一 74
隋書經籍志序譯註(五) 興膳 宏
川合 康三
105
書評 高木正一譯註『鍾嶸詩品』 釜谷 武志 136
書評 平野顯照『唐代文學と佛敎の研究』 筧 文生 143

 

第29册 (1978年4月)
帛書老子文體考 小池 一郎 1
王粲詩について 下定 雅弘 46
阮籍の飛翔 川合 康三 82
隋書經籍志序譯注(四) 興膳 宏
川合 康三
101
書評 デイヴィッド・ホークス譯 曹雪芹《石頭記》 小濱 陵一 130
書評 魯迅撰
『中國人民解放軍五一一〇一部隊理論組』註
《吶喊》魯迅撰『天津碱廠工人理論組・南開大學中文系』註《彷徨》
黎 活仁 144

 

第28冊(1977年10月)
陸雲「兄への書簡」-その文學論的考察- 釜谷 武志 1
玉川子の詩 井口 孝 32
「隱」「秀」表現の知覺言語的檢討――宋代詩話を中心に―― 岡本 不二明 71
隋書經籍志序譯註(三) 興膳 宏
川合 康三
112
書評 吉川幸次郎『讀書の學』――フランス文學の一讀者による紹介と感想―― 中川 久定 143
『李白硏究――抒情の構造』補稿-武部利男氏の書評に答える- 松浦 友久 158

 

第27冊(1977年4月)
江淹「雜體詩」三十首について 森 博行 1
杜甫「又呈呉郎」の詩について――「卽防遠客雖多事、便疏挿籬却甚眞」―― 黑川 洋一 36
蘇東坡書簡の傳來と東坡集諸本の系譜について 村上 哲見 51
隋書經籍志序譯註(二) 興膳 宏
川合 康三
88
書評 高木正一譯註『鍾嶸詩品』 釜谷 武志 136
書評 入谷仙介「王維研究」 井口 孝 121
書評 松浦友久「李白研究-抒情の構造-」 武部 利男 129
書評 村上哲見「宗詞研究」(唐五代北宋篇) 中原 健二 134

 

第26册 (1976年4月)
白仁甫の文學 金 文京 1
林黛玉論――日常的解體を越えんとして―― 小濱 陵一 44
魯迅と厨川白村 楠原 俊代 79
書評 シリル・バーチ『中國文學の諸ジャンルの研究』 108
書評 陳世驤「詩經、その中國の文學の歴史及び詩學における特質的意義」 前山 愼太郎 108
書評 デイヴィッド・ホークス「女神の探究」 平田 昌司 111
書評 ハンス・H・フランケル「樂府詩」 小池 一郎 115
書評 ジェームズ・R・ハイタワー「陶潜詩の典故」 矢淵 孝良 122
書評 劉若愚「『詞』の文學的特質」趙葉嘉瑩「呉文英の『詞』-現代的な視點から 高橋 文治 125
書評 ジェームズ・I・クランプ「元曲の傳統と技巧」 川口 伸 130
書評 シリル・バーチ「明代傳奇に關する若干の問題と方法」 金 文京 133
書評 ヤロスラフ・プルシェク「瓦子 -民間文藝の搖籃期」 阿辻 哲次 138
書評 パトリック・ハナン「中國短篇小說の早期-その概括的批評理論」 山崎 康子 141
書評 夏志淸「軍記物語:中國小說の一様式」 小濱 陵一 144

 

第25冊(1975年4月)
詩經の新古層辨別の一標準 高田 時雄 1
魏・晉詩における「夕日」について 森 博行 11
柳永詞について――その艶詞に關する一考察―― 中原 健二 33
隋書經籍志序譯註(一) 興膳 宏
川合 康三
57
書評 岡村繁『陶淵明 世俗と超俗』 矢淵 孝良 90
書評 小田嶽夫『郁達夫傳――その詩と愛と日本』 永島 廉司 96

 

第24冊(1974年10月)
「暮れる」ということ――古代詩の時間意識―― 小池 一郎 1
阮瑀の五言詩について 下定 雅弘 22
韋應物の歌行 深澤 一幸 48
李商隱の戀愛詩 川合 康三 75
書評 F・テーケイ「中國の悲歌の誕生――屈原とその時代」 井波 律子 101
書評 ペンギンの中國詩の英譯 バートン・ワトソン 107
書評 章士釗「柳文指要」 筧 文生 111

 

第23册 (1972年10月)
曹操論 井波 律子 1
南朝の戀歌 小南 一郎 28
李白の作詩の年代 小川 環樹 55
李賀とその詩 川合 康三 65
書評 前野直彬「唐代の詩人達」 淸水 茂 82
書評 郭沫若「李白與杜甫」 筧 久美子 86
書評 金岡照光「敦煌出土文學文獻分類目錄」「敦煌の文學」 入矢 義高 93

 

第22冊(1968年4月)
陸庾連珠小考 横山 弘 1
柳宗元の文學作品に見る合理主義的側面と非合理的側面の交錯 松村 眞治 30
「隨園詩話」の世界 松村 昂 57
書評 H.S.レヴィ譯註「陽氣な女神たちの館」 八木澤元「遊仙窟全講」 入矢 義高 100
書評 吉川幸次郎「杜甫Ⅰ」 小南 一郎 109
書評 莊司格一・淸水榮吉・志村良治譯「中國の笑話」 興膳 宏 114

 

第21冊(1966年10月)
左思と詠史詩 興膳 宏 1
「捜神記」の文體 小南 一郎 57
梁初の文學集團 森野 繁夫 83
中唐詩人の樂府 增田 淸秀 109
書評 羅根澤「中國文學批評史」 小川 環樹 137
書評 丸山キヨ子「源氏物語と白氏文集」 西村 富美子 141
書評 渡邊照宏・宮坂宥勝校注「三敎指歸・性靈集」 入矢 義高 146
紹介 歷史劇「海瑞罷官」をめぐる學術政治論爭 松村 昻 163

トップに戻る

第20冊~第1冊

 

第20册 (1965年4月)
身振りと文學-史記成立についての一試論- 宮崎 市定 1
王粲詩論考 伊藤 正文 28
「宋詩鈔」の選者たち――「人」によって「史」を存す―― 湯淺 幸孫 68
殘唐五代史演義論――英雄中心主義―― 橋本 堯 93
書評 F・W・モート「詩人高啓」 入谷 仙介 124
書評 小島憲之校注『懷風藻・文華秀麗集・本朝文粹』 入矢 義高 130
紹介 中國文學の領域におけるドイツ支那學の業績 ギュンター・デボン
村上 哲見 譯
149

 

第19冊(1964年7月)
漢詩外傳の一考察-說話を主體とする詩傳の持つ意義- 西村 富美子 1
詩人としての郭璞 興膳 宏 17
晩年の王維(下) 入谷 仙介 68
韓愈南山詩與曇無讖譯馬鳴佛所行讚 饒 宗頣 98
宋代演劇窺管――陸游・劉克莊詩を資料として―― 岩城 秀夫 102
書評 バートン・ワトソン「古代の中國文學」 金谷 治 128
書評 小尾郊一「中國文學に現われた自然と自然觀――中世文學を中心として―― 筧 文生 134
書評 夏承燾・吳熊和『讀詞常識』 小川 環樹 144

 

第18冊(1963年4月)
詩經とヨーロッパの民謡 ジャン・ピエール・ディエニ 1
嵆康・阮籍から陶淵明へ-矛盾感情の文學的處理における三つの型- 鈴木 修次 25
晩年の王維(上) 入谷 仙介 51
新五代史の文體の特色 小川 環樹 76
劉基詩序説 福本 雅一 91
胡萬春という作家 相浦 杲 108
書評 ワトソン「太史公、司馬遷」同「太史公書――司馬遷の史記よりの飜譯」 今鷹 眞 138
書評 前野直彬注解「唐詩選」 花房 英樹 146
書評 小島憲之『上代日本文學と中國文學』(上) 淸水 茂 154
紹介 フランスにおける中國文學研究の現状 M・カルタンマルク
興膳 宏 譯
164

 

第17册 (1962年10月)
吾道長悠悠――杜甫の自覺―― 小川 環樹 1
乾坤と天地――杜甫の世界觀の手がかりとして―― 入谷 仙介 9
杜詩に於ける抒情 倉田 淳之助 24
杜甫と月 吉川 幸次郎 38
書評 F・W・モート「詩人高啓」 入谷 仙介 124
杜甫の馬・鷹の詩について 高木 正一 45
出塞と何園の連章詩 前出塞と後出塞 杉本 行夫 71
杜詩「聞官軍収河南河北」考 田中 謙二 95
論杜甫夔州詩 饒 宗頣 104
杜甫與高適――杜詩札叢之一―― 夏 承燾 119
杜甫と元結・「篋中集」の詩人たち 伊藤 正文 123
放翁と杜甫 一海 知義 148
陸游の目に映じた杜甫 前野 直彬 162
日本に於ける杜甫 神田 喜一郎 186
紹介 杜甫誕生千二百五十周年 筧 文生 196

 

第16冊(1962年4月)
嵆康の飛翔 興膳 宏 1
柳宗元詩考 筧 文生 29
岳飛「満江紅」詞考辨 夏 承燾 56
魯迅「野草」論 吉田 富夫 64
藤村における杜甫 -「ただひとり岩をめぐりて、この岸に愁を繋ぐ」―― 黑川 洋一 109
書評 アーサー・ウェイリー譯注『敦煌の歌謠と説話』 入矢 義高 115
書評 朱東潤「陸游研究」于北山「陸游年譜」 小川 環樹 125
書評 李希凡『論中國古典小説的藝術形象』 入谷 仙介 132
書評 川口久雄『平安朝日本漢文學史の研究』 淸水 茂 140

 

第15冊(1961年10月)
嵆康詩小論 興膳 宏 1
冥界遊行(下) 前野 直彬 33
中年期の王維 入谷 仙介 49
捜玉小集について 伊藤 正文 74
書評 倉石武四郎・須田禎一編譯『歴代詩選』 武部 利男 102
書評 北京大學中文系文學專門科一九五五級集體編著『中國小説史稿』 橋本 堯 110
書評 ルイ・リコー、ニエム・トアン共譯「武則天」(佛譯) 都留 春雄 116
書評 嚴敦易「元劇斟疑」 岩城 秀夫 120

 

第14册 (1961年4月)
推移の悲哀-古詩十九首の主題-(下) 吉川 幸次郎 1
陸機文賦理論與音樂之關係 饒 宗頣 22
冥界遊行(上) 前野 直彬 38
辛棄疾「菩薩蠻」(鬱孤臺下)補考 小川 環樹 58
元刊古今雜劇三十種の流傳 岩城 秀夫 67
書評 高松亨明「詩品詳解」 入矢 義高 90
書評 陳友琴「白居易詩評述彙編」 花房 英樹 97
紹介 第三回中國文學藝術工作者代表大會をめぐって 吉田 富夫 112

 

第13冊(1960年10月)
賈誼の「鵩鳥の賦」の立場 伊藤 富雄 1
史記における人間描寫 田中 謙二 25
任昉述異記について 森野 繁夫 54
敦煌出現の胡笳十八拍 小島 祐馬 69
蘇軾詩論稿 山本 和義 76
書評 網祐次「中國中世文學研究――南齊永明時代を中心として――」 小尾 郊一 92
書評 D・ホルツマン「嵇康の生涯と思想」 福永 光司 105
書評 朱東潤「陸游傳」 小川 環樹 114
紹介 「胡笳十八拍」論爭 入矢 義高 124

 

第12冊(1960年4月)
推移の悲哀――古詩十九首の主題――(中) 吉川 幸次郎 1
文選挽歌詩考 一海 知義 19
陸機の傳記とその文學(下) 高橋 和巳 49
沈亞之と小説 内山 知也 85
茅盾文學序説――「腐蝕」を中心として―― 吉田 富夫 135
書評 葉笑雪「謝靈運詩選」 高木 正一 164
書評 荒井健「李賀」葉葱奇「李賀詩集」 興膳 宏 172
紹介 關漢卿の生平年代論爭のあと 田中 謙二 182

 

第11册 (1959年10月)
陸機の傳記とその文學(上) 高橋 和巳 1
王維の前半生 入谷 仙介 58
新撰類林抄校讀記 小川 環樹 92
對人稱呼の使用における「正格」と「破格」について
――「紅樓夢」における文體論的研究――
山口 明子 103
「家」について――巴金の小説意識についての一考察―― 下條 一誠 143
書評 加藤平八譯茅盾『東洋のリアリズム』 谷 友幸 167
書評 チャン・インナン、レウィス・ウォルムスレイ「王維の詩」英譯 バートン・ワトソン 171
書評 蔣禮鴻「敦煌變文字義通釋」 入矢 義高 175
書評 八木澤元「明代劇作家研究」 岩城 秀夫 181
書評 『浦江淸文錄』 淸水 茂 188

 

第10冊(1959年4月)
推移の悲哀――古詩十九首の主題――(上) 吉川 幸次郎 1
盛唐詩人と前代の詩人――盛唐に於ける文學論の一面――(下) 伊藤 正文 17
賈島 荒井 健 52
敎坊記辨附望江南菩薩蠻小考 村上 哲見 96
魯迅の小説の一側面――主として作品「藥」について―― 相浦 杲 114
書評 賀次君『史記書錄』 神田 喜一郎 146
書評 黃錫珪「李太白年譜」詹鍈「李白詩文繫年」 島田 久美子 151
書評 施子愉「柳宗元年譜」 筧 文生 156
書評 錢鍾書「宋詩選註」 小川 環樹 160

 

第9冊(1958年10月)
伎樂源流考 濱 一衞 1
李白の樂府について 島田 久美子 17
元稹の豔詩及び悼亡詩について 山本 和義 54
袁中郎の性霊説 松下 忠 85
<子夜>について 山田 富夫 127
書評 王力「漢語詩律學」 小川 環樹
入矢 義高
153
書評 斯波六郎「中國文學における孤獨感」 福永 光司 164
書評 太田青丘「日本歌学と中國詩学」 船津 富彦 172

 

第8册 (1958年4月)
賈誼の賦について 金谷 治 1
史記にあらわれた司馬遷の因果応報の思想と運命觀 今鷹 眞 26
陸機の生涯と「文賦」制作の正確な年代 陳 世驤
一海 知義 譯
50
六朝文學に現はれた山水觀 小尾 郊一 79
盛唐詩人と前代の詩人-盛唐に於ける文學論の一面-(上) 伊藤 正文 95
書評 グレン・バクスタ「中國文學」
陳世驤「中國文學」小川環樹「中國文學」
吉川 幸次郎 134
書評 胡忌「宋金雜劇考」 岩城 秀夫 139
書評 顧學頡選註「元人雜劇選」 入矢 義高 147
書評 尾坂徳司「中國新文學運動史」 島田 久美子 156
紹介 丁玲批判について 相浦 杲 161

 

第7冊(1957年10月)
左傳の書きかた――その文學的側面について―― バートン・ワトソン 1
潘岳論 高橋 和巳 14
西晋の詩人張協について 一海 知義 92
書評 魚返善雄・高田淳共譯
オディル・カルタンマルク・ゲキエ「中国文学史」
島田 久美子 134
書評 石川一成「李長吉の色彩感覚」
李嘉言「李賀與晩唐」「詞的起源與唐代政治」「李賀詩校釋」
上尾龍介「苦吟と象徴」「李賀と孟郊」「夜の詩人」
荒井 健 138
書評 歐小牧「愛國詩人陸游」 小川 環樹 143
紹介 李後主の詞に關する討論 村上 哲見 150

 

第6冊(1957年4月)
阮籍の詠懷詩について(下) 吉川 幸次郎 1
歸去來の辭について 吉岡 義豊 25
杜甫「登岳陽樓」の詩について――「呉楚東南坼、乾坤日夜浮」考―― 黒川 洋一 45
李義山の無題詩 鈴木 虎雄 63
戲曲荊釵記はいかに改作されているか 岩城 秀夫 81
「百家爭鳴」その後 入矢 義高 107
書評 王瑶編注「陶淵明集」 一海 知義 121
書評 馮夢龍編著顧學頡校注「醒世恒言」 田中 謙二 133
書評 人民文學出版社「魯迅全集」
増田渉・松枝茂夫・竹内好編「魯迅選集」
尾崎 雄二郎 141
紹介 最近の中國における琵琶記論爭 岩城 秀夫 150

 

第5册 (1956年10月)
阮籍の詠懷詩について(上) 吉川 幸次郎 1
温飛卿の文學 村上 哲見 19
明七子の先聲――楊維楨の文學觀について―― 前野 直彬 41
王世貞の古文辭説よりの脱化について 松下 忠 70
『金瓶梅詞話』所引の寳卷について 澤田 瑞穂 86
「太陽照在桑乾河上」をめぐつて 島田 久美子 99
書評 周紹良「敦煌變文彙錄」 入矢 義高 122
書評 夏承燾「唐宋詞人年譜」 清水 茂 146
書評 ビショップ「三言の研究」 小川 環樹 151

 

第4冊(1956年4月)
杜甫「秋興八首」序説 黒川 洋一 1
王梵志について(下) 入矢 義高 19
紅樓夢の構成について 加藤 知彦 57
隱れたる批評家――清田儋叟の批評的業績―― 中村 幸彦 83
虚字考 青木 正児 98
書評 李長之「中國文學史略稿」林庚「中國文學簡史」 荒井 健
一海 知義
淸水 茂
高橋 和巳
村上 哲見
108
書評 吉川幸次郎「項羽の垓下歌について」「漢の高祖の大風歌について」 桑原 武夫 122
書評 王瑤「李白」林庚「詩人李白」武部利男「李白小傳」 福永 光司 131
書評 影弘治刊本「西廂記」王季思校注「西廂記」呉暁鈴校註「西廂記」
王季思「從鶯鶯傳到西廂記」
田中 謙二 136
資料 藤野先生小傳 藤野 恒道 148

 

第3冊(1955年10月)
劉勰「文心雕龍」文學論の基礎概念の検討 高橋 和巳 1
「賦得」の意味について 斯波 六郎 33
王梵志について(上) 入矢 義高 50
李賀の詩――特にその色彩について―― 荒井 健 61
「女仙外史」と幸田露伴の「運命」 三木 克己 91
書評 E・パウンド「詩經」英譯 バートン・ワトソン 129
書評 斯波六郎「文心雕龍原道篇札記」「文心雕龍札記(二)」 吉川 幸次郎 135
書評 吉川幸次郎・桑原武夫「新唐詩選續篇」倪海曙「唐詩的飜譯」 淸水 茂 143
書評 R・アーウイン「水滸傳の發達史」 小川 環樹 154
紹介 胡風批判の經過とその論點 太田 進 161

 

第2冊(1955年4月)
詩における比喩の巧拙と雅俗 小川 環樹 1
文學としての孔子世家 バートン・ワトソン 18
漢の高祖の大風歌について 吉川 幸次郎 28
柳宗元の生活體驗とその山水記 淸水茂 45
文學としての「董西廂」(下) 田中 謙二 75
書評 斯波六郎「中國文學に於ける孤獨感」 入矢 義高 101
書評 彭楚南譯 N・I・コンラッド「論漢語」 淸水 雄二郎 108
書評 近藤春雄「長恨歌傳」について 花房 英樹 119
書評 A・ホフマン「李煜の詞」「春花秋月」 村上 哲見 132
書評 J・J・L・ドイフェンダク「中國の神曲」 前野 直彬 141
紹介 人民共和國に於ける世界文學選讀書目 都留 春雄 152
紹介 紅樓夢研究をめぐる批判討論の經過と論點 村上 哲見 162

 

第1冊(1954年10月)
項羽の垓下歌について 吉川 幸次郎 1
杜詩の對句についての一考察 高木 正一 19
杜牧と傳奇 淸水茂 50
燭背・燈背ということ-讀詞瑣記- 村上 哲見 86
文學としての「董西廂」(上) 田中 謙二 93
明の宮廷と演劇 岩城 秀夫 113
書評 孫楷第「論中國短篇白話小説」・葉德均「宋元明講唱文學」 小川 環樹 133
書評 張相「詩詞曲語辭匯釋」 入矢 義高 137
書評 人民文學出版社「水滸」
作家出版社「水滸」
人民文學出版社「水滸全傳」
淸水 茂 157
書評 王瑤「中國新文學史稿」 相浦 杲 167

トップに戻る

最終更新日2014/04/10

*本ページに関する内容は、中国語学中国文学研究室が文責を負います。