京都大学大学院文学研究科学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

京都大学大学院文学研究科学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

文学研究科修士課程

1. 修士課程にあっては、所定の年限在学し、研究指導を受け、所定の単位数を取得し、かつ、本研究科が行う修士論文の審査及び試験に合格した者に、修士の学位を与える。

2. 修士課程修了にあっては、以下の点に到達していることが求められる。

(1) 哲学・歴史学・文学・行動科学のそれぞれの専門分野において、高度な知識に基づく研究能力と、高度な専門性を必要とする職業に従事するための能力を身につけている。

(2) それぞれの専門分野において、原典や一次資料の分析に基づいてオリジナリティを有する研究を進める能力を身につけている。

(3) 専門家としての責任感と倫理性をもって研究を遂行する能力を身につけている。

(4) 研究成果を世界に向けて発信するために必要なレベルの語学能力を身につけている。

文学研究科博士後期課程

1. 博士後期課程にあっては、所定の年限在学し、研究指導を受け、かつ、本研究科が行う博士論文の審査及び試験に合格した者に、博士の学位を与える。

2. 博士後期課程修了にあっては、以下の点に到達していることが求められる。

(1) 哲学・歴史学・文学・行動科学のそれぞれの専門分野において、専門的研究者として自立できる研究能力と、指導的な高度専門職業人としての能力を身につけている。

(2) それぞれの専門分野において、原典や一次資料の高度な分析に基づいてオリジナリティの高い研究を進めるとともに、研究の成果と学術的意義を適切に把握する能力を身につけている。

(3) 専門家としての強い責任感と高い倫理性をもって研究を遂行する能力を身につけている。

(4) 研究成果を世界に向けて積極的に発信するとともに、国際的な連携のもとで研究を推進する能力を身につけている。