京都大学大学院文学研究科教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

京都大学大学院文学研究科教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

文学研究科修士課程

1. 修士課程においては、人間の諸活動の原理的な解明とその諸活動が有する価値を問い直すことを通じて、哲学・歴史学・文学・行動科学に関わる学術について教授・対話することを根幹の教育理念とする。この理念に基づき、新たな知を創造しうる能力を有し、倫理性にも優れた研究者および高度専門職業人を育成することを教育目標とする。

2. この教育目標を達成するために、次の方針のもとに教育課程を編成し、実施する。

(1) 修士課程一年次のはじめに、幅広い思考力と判断力を持つ学生を育てるために、主たる指導教員と、研究科を担当する本学教員のうちから指導教員若干名を定める。

(2) 学生は、修士課程一年次のはじめに、それぞれの関心に沿った研究計画を主体的に作成し、指導教員に提出する。

(3) 学生は、特殊講義および参加型の演習などを受講することにより、高度な専門知識の習得と分析力の向上に努めるとともに、活発な討議を通して問題に対するアプローチの方法、思考能力、討論の能力を身につける。

(4) 課程修了年次に修士論文の作成が課される。学生は専門分野において修得した研究能力と知識を活かし、課程修了の集大成として修士論文を完成する。

文学研究科博士後期課程

1. 博士後期課程においては、人間の諸活動の原理的な解明とその諸活動が有する価値を問い直すことを通じて、哲学・歴史学・文学・行動科学に関わる高度な学術を築き上げることを根幹の教育理念とする。この理念に基づき、新たな知を創造する卓越した能力を有し、倫理性にも優れた研究者を育成することを教育目標とする。

2. この教育目標を達成するために、次の方針のもとに教育課程を編成し、実施する。

(1) 博士後期課程一年次のはじめに、学生が取り組む研究課題にふさわしい主たる指導教員と、研究科を担当する本学教員のうちから指導教員若干名を定める。

(2) 学生は、博士後期課程一年次のはじめに、それぞれの研究目標と方法についての研究計画書を作成し、指導教員に提出する。一年次の終わりに、研究報告書と研究状況と今後の進展の見通しについての論文作成計画書を提出し、第一年次研究指導認定を受ける。

(3) 二年次の終わりにも研究報告書を提出し、第二年次研究指導認定を受ける。

(4) 三年次の7月もしくは12月に、資格申請書を提出し、適切と承認されれば博士論文提出資格を得る。そして三年次の12月もしくは課程研究指導認定退学後3年以内に、学生は専門分野において習得した知識や能力を活かして作成した課程博士論文を提出する。

(5) 学生は毎年次、指導教員からきめ細かな指導を受ける。また、研究成果を国内外の学会や学術誌に積極的に発表することを奨励される。