京都大学大学院文学研究科アドミッション・ポリシー

京都大学大学院文学研究科が望む学生像

文学研究科修士課程

1. 京都大学文学研究科修士課程は、専門分野を学ぶための十分な基礎学力を具えており、哲学・歴史学・文学・行動科学に関わる諸問題の解明を目指し、自由の学風を重んじる本学の基本理念を踏まえながら、新たな知的価値を創出することのできる学生を求める。

2. 入学者選抜においては、以下の点が問われる。

(1) 志望分野に関する専門的知識を有しているとともに、人文学全般にわたって広い知識をもっていること。

(2) 志望分野において自らが主体的に問題を発見し、原典や一次資料の適切な分析に基づいてそれを解決する能力をもっていること。

(3) 将来国際的な場でも活動しうるだけの外国語能力の基礎を具えていること。

文学研究科博士後期課程

1. 京都大学文学研究科博士後期課程は、自らが専門的研究の一翼を担おうという使命感を持ち、哲学・歴史学・文学・行動科学のそれぞれの分野で卓越した知を創出することのできる学生を求める。

2. 編入学試験においては、以下の点が問われる。

(1) 志望分野に関する深い専門的知識を有しているとともに、人文学の研究を通じて学術の高度化に寄与する能力をもっていること。

(2) 志望分野において、先駆的な研究課題を自ら設定することができ、原典や一次資料の精緻な分析に基づいて、課題を解決する能力をもっていること。

(3) 日本語、外国語によって、研究成果を国内外に効果的に発信するための語学能力を具えていること。