京都大学文学部学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 

  1. 学士課程にあっては、所定の年限在学し、所定の単位数を修得した者に、学士の学位を与えます。
  2. 学士課程卒業にあたっては、以下の点に到達していることが求められます。
    (1) 人文学に関わる基礎的学識を有し、その専門領域としての哲学・歴史学・文学・行動科学について深い理解力をもち、また学修成果を卒業論文として集大成できる問題探求能力、分析能力、表現能力を身につけている。
    (2) 人文学に関わる課題について、問題を発見し解決する力を具え、創造的に取り組むことができる。
    (3) 人文学の意義と重要性を理解し、高い倫理性をもって、その発展に貢献することができる。
    (4) 自由で批判的な精神と良識を具え、人類が直面する課題を直視し、問題の解決に積極的に寄与することができる。